トップページ  > オプション

多彩なオプションが「さらに深く」「さらに細かく」解き明かします。

高速ビデオシステム

高速ビデオシステム(HRV)と衝撃試験データを融合し、最先端の解析を行います。
専用ソフトウェアを使い「高速ビデオ」と「衝撃試験機」を同時に制御。数値データと画像データをリンクさせた分析ができるので、エネルギーと変型の関係が明確に得られます。また、グラフの任意の位置をクリックすれば、ビデオ映像も同期して表示されます。

実際のアプリケーション例

炭素繊維強化樹脂の層間強度試験

自動車向け金属材料の評価試験

車体用アルミニウムの衝撃強度評価

金属材料のシャルピー試験

温度制御チャンバー

-80℃~+150℃の試験が可能です。温度制御チャンバーはあらかじめ装置に組み込むタイプと取り外しタイプの2種類があります。また、冷却方法も「液体窒素」を使用するタイプと「冷媒」による冷却タイプの2種類を用意しております。

実際のアプリケーション例

FI衝撃吸収コンポジットの試験例

ドアミラーの低温特性

16chデータ化収集システム

 標準設備4chのセンサーを、オプションにて最大16センサーまで増設出来ます。同時使用でも最大0.33μ秒のサンプリング速度を達成。
■測定チャンネル数:最大16(オプション)
◎荷重◎加速度◎時間◎変位◎応力◎ひずみ◎トルク◎角度◎温度◎光度◎音◎高速ビデオ など
■高速データ収集:16chの同時使用で最高300万ポイント/秒のサンプリング。
■C3008技術仕様
◎サンプリング速度:最大3,000,000pt./秒
◎サンプリングデータ数:32,000/チャンネル
◎分解能:16bit
◎トリガー:速度検出レーザー、センサー信号、外部トリガー入力に対応。トリガーは外部出力も可能。