トップページ  > アプリケーション例 > 炭素繊維強化樹脂の層間強度試験

炭素繊維強化樹脂の層間強度試験

◎試験内容:航空機用CFRP(炭素繊維強化樹脂)のDCB試験例
◎使用装置:IM10シリーズ
◎オプション:DCB MODE-I試験冶具オプション
       高速ビデオシステム
◎ユーザー:研究機関(イギリス)

試験の目的

積層板として使用されるCFRP(炭素繊維強化樹脂)は極めて優れた軽量性と引張強度を併せ持ちますが積層板であるため、層間強度が極端に弱いことが知られています。
弱点を補うため「層間繊維強化」が行われ、層間破壊靭性を評価するDCB(Dual cantilever beam)試験を落錘式試験機で行います。 また層間クラックの伝播を高速ビデオカメラでとらえる先進の解析も合わせて行います。

試験の方法

 Imatekオプションの高速ビデオシステムと試験冶具DCB-ModeIを使用しモードI層間破壊靭性の評価試験を実施。
試験サンプルはDCB試験に準拠したものを使用します。

試験の結果

層間繊維強化による強度への影響を確認しました。また、高速ビデオカメラで捉えたクラックの成長と吸収エネルギー・荷重との関連を解明しております。