トップページ  > アプリケーション例 > FI衝撃吸収コンポジットの試験例

FI衝撃吸収コンポジットの試験例

◎試験内容:F1用コンポジットの衝撃吸収性能評価
◎使用装置:IM10シリーズ
◎オプション:温度制御チャンバー
◎ユーザー:F1用車体メーカー(イギリス)

温度制御チャンバー:オプション

試験の目的

ドライバーの保護を目的としたコクピット周囲に配置するコンポジットの衝撃吸収性能の評価。より軽く、より衝撃エネルギーの吸収性能に優れた材料の選定が求められます。

試験の方法

平らなアンビルにセットされたサンプルに圧縮方向の衝撃を与え、衝撃吸収性能を評価。
衝撃速度の変化による物性の変化も合わせて確認しております。
サンプルを格納する試験チャンバーの高さを最大2,500mmにする可変式チャンバーにより車体のような大型製品の試験も実施しています。

試験の結果

最適な衝撃特性の材料を選定。